HOME > 弁護士等プロフィール> 深堀 健二  
サイドナビ
サイドナビ

弁護士等プロフィール ~八重洲総合法律事務所の弁護士・会計士・税理士をご紹介します。

弁護士  深堀 健二 昭和45年8月生

  • ◆学 歴

  • 平成 元年 3月 慶應義塾志木高等学校 卒業
    元年 4月 慶應義塾大学法学部法律学科 入学
    5年 3月 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
    19年 4月 慶應義塾大学大学院法務研究科 入学
    21年 3月 慶應義塾大学大学院法務研究科 修了
    21年 9月 司法試験合格
    21年 11月 最高裁判所司法研修所 入所
    22年 12月 最高裁判所司法研修所 修了


  • ◆職 歴

  • 平成 5年 4月 ㈱第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入社
    同行京橋支店にて法人・個人融資業務等に従事
    9年 4月 同行人事部付東京都労働経済局へ出向
    同局企画調査課にて中小企業振興事業等の企画業務に従事
    11年 4月 同行四谷支店、同支店にて法人取引新規開拓業務に従事
    証券アナリスト資格取得
    13年 4月 みずほ証券㈱投資銀行部門アドバイザリー第1グループ
    同グループにてM&Aアドバイザリー業務に従事
    15年 3月 同社退社
    22年 12月 日本弁護士連合会弁護士登録(東京弁護士会所属)
    同月 八重洲総合法律事務所入所


  • ◆関与案件

  • 平成 24年 上場企業(製造業) 独禁法違反事案にかかる社内調査等
  • 平成 25年 上場企業(建設業) M&Aにおける法務アドバイス等


  • ◆専門分野等

  • ・一般企業法務
  •  株主総会運営指導、コンプライアンスプログラムの策定、契約書作成、議事録等書類の作成、その他会社関係法務一般につきアドバイス、交渉を行っています。
     また、債権の保全から回収まで迅速な対応、処理を行っています。


  • ・M&A
  •  企業の買収、合併、提携等に関して、クライアント企業が「真に達成したい目的は何か」を徹底的に議論した上で、スキームや契約書について、戦略的見地と関連法規の調査結果を踏まえたアドバイスを行っています。


  • ・訴訟事件
  •  会社訴訟や一般民事事件である損害賠償請求事件・債権回収事件、保険会社によるいわゆるモラルハラスメント事件、会社の支配権を巡る紛争事件について、訴訟代理人・交渉代理人としての活動を行っています。


  • ◆執筆・論文

  • ・平成 25年 5月:日本証券新聞において「深堀健二の兜町法律放談」連載開始
  • ・平成 25年 8月:東京商工リサーチ発行の「TSR情報」において「深堀健二弁護士の深相究明」連載開始


  • ◆その他(意気込み)

  • ・ダイヤ通商株式会社監査役(平成25年6月~平成28年6月)


  • ・銀行業務において多くの魅力的な経営者の皆様と接したことや、東京都・証券会社での業務を通じて、ベンチャー企業・中小企業をはじめとした、日本企業の成長や発展に生涯貢献したいとの思いを強く致しました。


  • ・少子高齢化が進み、国内市場縮小という、かつてない経済環境の中、経営者の皆様と問題意識を共有し、意思決定のお手伝いをできるよう強く願っております。


  • ・高校、大学、銀行ラグビー部と、合計17年間ラグビーをやっておりました。
     ラグビーを通じて培った体力と、泥臭く、最後まで勝利を諦めない執念で、依頼者の皆様のお役に立ちたいと考えております。

 Copyright© 2011 - 2013 Yaesu Sogo Law Office All Rights Reserved.